霊媒師 東京 巫女体質 霊媒体質

自己紹介

口寄巫女 松井久子

口寄巫女 松井久子

口寄巫女・神職 松井久子 1977年生まれ(京都出身)

 

幼少期より、巫女体質特有の苦しみに悩まされ、家系のカルマ、過去世由来のカルマの解消に徹底的に取り組んで参りました。

 

その結果、巫病(ふびょう:未成仏霊の憑依、神霊に身体を預けるなどのプロセスの中で、精神に異常をきたすギリギリのところに追い込まれ、人間としての多岐にわたる苦しみを経験させられます。)を乗り越え、越の国の巫女王、奴奈川姫さまとのご神縁により霊力を賜りました。

 

現在は口寄巫女として、神託やご先祖様の言葉を伝えています。
また、亡くなった大切な人やペットと話しがしたいというお客様には、お話しを良く伺った上で口寄せを行っています。

 

かつての日本人が持っていた家族の絆と美しい霊性を取り戻すために、私たちは日々夫婦でお一人お一人に寄り添わせていただいています。

 

整体師 松井武司

言霊整体師 松井武司

整体師 松井武司 1974年生まれ(新宿区出身)

 

10〜20代前半の頃までは、車やオートバイ、自転車、電化製品等、興味を持ったものは分解して組み立てる作業を寝る間を惜しんで、毎日毎日飽きずに繰り返し続けていました。

 

そのものの仕組みを知り、不調和を起こしている場所を特定し、修理することに非常に長けていました。

 

様々な人生経験を重ねた後は、人の身体の構造に深い興味を持つようになり、本来持っていてた修理するという才能が、人の身体を調整することへと変化していきました。

 

現在は、お客様の潜在意識の情報を読み取りながら、言霊と手技を使った整体をしています。

 

チャクラ調整、脳・内臓のヒーリング、骨格修正も行っています。

 

短い時間の中で、身心の両方の側面に深くアプローチできるので、一度でかなりスッキリしたというご感想をいただくことが多いです。

 

心地よい眠気を誘うゆらぎ整体は、癖になりリピートする方が続出しています。


トップページ 体験談・ご感想 ご相談料 ご予約・お問い合わせ 交通アクセス