巫女体質 霊媒体質 巫病

自己紹介

巫女体質専門・神職 松井久子

松井久子

 

瓊奈川(ぬなかわ)神社宮司|「巫女体質のためのお清め教室」創始者
鋭い感受性を持った「巫女体質」・「巫病(ふびょう)」専門家

 

京都市出身。甲斐源氏を祖とする家系に生まれる。竹林に囲まれた紫式部由縁の大原野神社のお膝元で育つ。20代で神がかりの巫女になる前段階の巫病(ふびょう)を発症。生涯を神に捧げると誓う。
2008年から生来の霊媒能力を活かして、鋭い感受性を持った方の対応をはじめる。
越の国の巫女王 瓊奈川姫(ぬなかわひめ)大神より召命を受け、巫女の口寄せを行う。
2015年に「巫女体質」の定義をまとめ、「巫女体質」・「巫病(ふびょう)」専門家となる。女性経営者や女優、俳優、伝統文化の担い手、主婦、OLから強く支持され、日本全国、海外からも感謝の手紙、メールが届き続けている。
2017年に神職の階位(神道神祇本庁)を授かる。崇敬者に支えられながら、社殿を持たない神社の宮司をつとめる。
お清め士(家庭の祭祀主宰者)の養成、戦没者の慰霊、神前神楽舞の指導、巫女の養成を行う。

 

お清め整体師 松井武司

言霊整体師 松井武司

「巫女体質のためのお清め教室」代表

 

1974年生まれ(新宿区出身)

 

10〜20代前半の頃までは、車やオートバイ、自転車、電化製品等、興味を持ったものは分解して組み立てる作業を寝る間を惜しんで、毎日毎日飽きずに繰り返し続けていました。

 

そのものの仕組みを知り、不調和を起こしている場所を特定し、修理することに非常に長けていました。

 

様々な人生経験を重ねた後は、人の身体の構造に深い興味を持つようになり、本来持っていてた修理するという才能が、人の身体を調整することへと変化していきました。

 

現在は、お客様の潜在意識の情報を読み取りながら、言霊と手技を使った整体をしています。

 

チャクラ調整、脳・内臓のヒーリング、骨格修正も行っています。

 

短い時間の中で、身心の両方の側面に深くアプローチできるので、一度でかなりスッキリしたというご感想をいただくことが多いです。

 

心地よい眠気を誘うゆらぎ整体は、癖になりリピートする方が続出しています。


トップページ 体験談・ご感想 ご相談料 ご予約・お問い合わせ 交通アクセス